テレクラお婆さん 岡山テレホンすせっす

であいけいをみないひがないというというひとのとくちょうは、まいにちさびしいとおもっていて、あいてにもじぶんにすらも、にんげんかんけいをこうちくすることにかちなどそんざいしないとおもってしまうようなきょりかんでだれかとせっしているのです。
せいかつのいちぶとしてであいけいさいとをりようしているひとにみられるきょうつうじこうは、テレクラお婆さんれんあいにいたるよりもまえのだんかいで、おやのあいじょうがかけたままそだっていたり、せいじょうなゆうじんかんけいすらももつにいたれないというひとがおおいようです。
そんなひとたちのきょうつうじこうは岡山テレホンすせっす、べつのかくどからみてみると、たんぱくなひとにみえ、なやみもなくただいきているだけにかんじてしまうところなのですが、ないめんてきにはそんなことはないようです。
じぶんいがいのだれかをしんらいすることをおそれるけいこうがあり、それがかぞくであっても、ともだちどうしというかんけいであっても、しょくばでも、こいびととしてだれかとかんけいをもつことも岡山テレホンすせっす、そもそもながくつづくものだとおもっておらず、じぶんのかこのおこないからいせいにきょうみをもつことをきんじている、というかたちでここまでいきてきたひとがほとんどなのです。
そんなせいしつをもつひとたちのたちばでかんがえると、であいけいさいとというばしょはきをつかわずにいられるところなのです。
であいけいでのかかわりについては、まずながくはつづかないのがきほんだからです。
ほとんどのばあい、いちどだけのかんけいしかえられないことがおおいので、あとくされもなくテレクラお婆さん、さいしょのもくてきだけおわればそこからなにかをもとめることもありません。
であいけいさいとでのあたらしいであいにねっちゅうしてしまうようなひとは、ふつうのにんげんかんけいをきずくことをすっかりあきらめてしまっておりテレクラお婆さん、にんげんのことをしんようするというきもちをもつと、であいけいをつかうことからはだんだんとはなれていくようになります。

関連記事