テレクラの新しい価値 テレフォンセックスを無料でするには

むりょうをうたうであいさいとをしようしているちゅうこうねんやわかものにおはなしをうかがうと、だいぶぶんのひとはテレフォンセックスを無料でするには、ひとはだこいしくて、わずかのあいだかんけいがきずければ、べつにかまわないというかんがえかたでであいけいさいとをせんたくしています。
つまるところ、きゃばくらにいくおかねをだしたくないし、ふうぞくにかけるおかねもせつやくしたいから、りょうきんがひつようないであいけいさいとで、テレクラの新しい価値「げっとした」おんなのこでおとくにまにあわせよう、とするだんせいがであいけいさいとをしようしているのです。
ぎゃくに、「じょし」じんえいではそういなかんがえかたをもちあわせている。
「かれしがとしうえすぎてもいいから、なんでもしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるだんせいはかくじつにもてないひとだから、テレクラの新しい価値ちゅうのげていどのじょせいでももてあそぶことができるようになるよね…もしかしたら、たいぷのひとがいるかも、ばーこーどあたまとかはむりだけど、かおしだいではでーとしたいな。おおよそ、じょせいはこのようにかんがえています。
ひとことでいうと、じょせいはだんせいのがいけんかおかねがめあてですし、だんせいは「てごろなねだんのじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをやくだてているのです。
りょうほうとも、できるだけおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをほっしているようなものです。
そうやって、テレクラの新しい価値であいけいさいとをかつようしていくほどにテレフォンセックスを無料でするには、おとこはじょせいを「うりもの」としてかちづけるようになり、じょせいもじしんのことを、「もの」としてとりあつかうようにかんがえかたがいびつになっていくのです。
であいけいさいとをもちいるひとのかちかんというものは、じょせいをかくじつにひとではなく「ぶっしつ」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事