テレクラ メアド登録 定額制 テレクラ

であいをもとめるねっとのばをつかうひとびとにおはなしをうかがうと、ほぼぜんいんがテレクラ、こどくでいるのがいやだから、いっしゅんのかんけいがきずければかまわないというとらえかたでであいけいさいとをえらんでいます。
かなめは、きゃばくらにいくりょうきんをせつやくしたくて定額制、ふうぞくにかけるおかねもせつやくしたいから、おかねがひつようないであいけいさいとで、メアド登録「つかまえた」じょせいでやすあがりですませようメアド登録、とおもいついただんせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
ぎゃくに、おんなのこがわはまったくことなるかんがえかたをもちあわせている。
「かれしがとしうえすぎてもいいから、ふくもかってくれてりょうりがおいしいひとをかれしにしたい。であいけいをやっているおじさんは8わり9わりはもてないひとだから、びじんとはいえないじぶんでもてのひらでおどらせるようになるかもしれない!ひょっとしたら、たいぷのひとがいるかも、でぶはむりだけどテレクラ、いけめんだったらでーとしたいな。じょせいの100%ちかくはこのようにかんがえています。
つまるところ、じょせいはだんせいのみためかけいざいりょくがもくてきですし、だんせいは「おてごろなじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをしようしているのです。
どちらにしろテレクラ、おかねをあまりかけずにおかいものがしたくてであいたがっているようなものです。
さいしゅうてきにテレクラ、であいけいさいとをりようしていくほどに、おとこはおんなたちを「もの」としてかちづけるようになり定額制、おんなもじぶんじしんを「しなもの」としてみなしていくようにまがっていってしまいます。
であいけいさいとになじんだひとのすたんすというのは、じんわりとおんなをにんげんから「ぶったい」にしていくるいのきょうきてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事