テレクラ リンリン 千葉 感想 広島テレクラの実態

おどろくことにまえけいさいしたきじで、「しるきっかけがであいけいさいとだったものの、広島テレクラの実態いちおうあってみたらはんざいしゃだとわかった」というじょせいがいたはなしをだしましたが、このじょせいがどんなこうどうをしたかというと、そのだんせいをきらうのではなくつきあうことになったのです。
じょせいのきもちは、「だんせいがやくざにしかみえず、千葉ことわることがこわくなってそのときはいっしょにいくしかなかった」とおもったそうですが、じっくりとじょせいにはなしをきいたら、じょせいとしてもこうきしんがでてきてそのままいっしょにいったところもあったようです。
そのだんせいのはんざいというのも、おおぶりともいえるながさのはものでまさにじぶんのおやをさしたものだったので、たんなるじこなどとはちがうとおもってもしかたがないでしょうがリンリン、かんじのわるいぶぶんがなかったようで、広島テレクラの実態ふだんはそれこそしんせつなぐらいでしたから、リンリンちゅういするほどではないとおもって、感想こうさいがはじまっていったというはなしなのです。
そのごのかんけいがどうなったかというと、テレクラたまにだんせいがあやしいこうどうをはじめたりするので、あやしまれないようにだまっていえをでて、千葉けっきょくはわかれることにしたとそのじょせいはきめたそうです。
だんせいががわにいるというだけでもきがやすまることがなく、きょうどうでせいかつしていたものの、ほんとうににげるようなじょうたいできのみきのままででてきたとのことでしたが、ふつうとはちがうふんいきをかんじたということだけではなかったようで、ふつうにはなしあおうとおもっても広島テレクラの実態、かまわずてをだすなど千葉、ぼうこうをためらわないようなたいどをとることがあったから、テレクラさいそくされるとすぐにおかねもだし感想、たのまれればほかのこともやってあげて、リンリンそのままのじょうきょうでせいかつしていたのです。

関連記事