テレクラ 天童 関内テレクラカード

このときは天童、ねっとじょうのこみゅにてぃをよくつかうというごにんのじょせい(じゅうだいひとりテレクラ、じゅうだいよにん)しゅざいさせていただきました。
めんばーについては、きこんしゃであるAと、3にんのだんせいとどうじしんこうしているぎゃるB、きゃばじょうとしてかせぐD、さいごに、関内テレクラカードくにたちだいがくにざいせきちゅうのE。ぎんざにあるはんしゃりょうほうのりふれくそろじーさろんでおうたいをしているCテレクラ、
うらばなしですが、じゅうだいじょせいをしゅざいをおこないたかったんですが、とうじつになってことわられたため、天童すばやくえきまえで「であいけいさいとについてのしゅざいにきょうりょくしてもらえないか」となんじゅうにんかのじょせいによびかけて、あやしいせーるすにもとまってくれた、じゅうだいのEさんふくめごにんにしゅざいをかんこうしました。
かいこういちばん関内テレクラカード、ひっしゃがなにかいうまえにとーくをてんかいしたのは3にんのだんせいとどうじしんこうちゅうのBさん。
じゅうだいのぎゃるB「であいけいさいとをりようしてるってことなんですけど、「みんなどういうけいいであかとるんですか?わたしはおかねがりゆうでいまのかねづるはさんにんです」
たのしそうにかたるBさんに、ほかの4にんもびみょうなてんしょんでじぶんのけいけんをあかしはじめました。
A(おっとがいる)「わたしにかんしては、ただたんにおっといがいとかんけいをもちたくてほったんです。したしいゆうじんにもあうとだってわかるんですけど、やっぱりであいけいさいとはりようする。」
B「りようしだしたらなんじかんもやりとりしちゃいますよね」
ひっしゃ「おかねがだいでであいけいさいとでめっせーじをおくるじょせいがおおいですか?」
B「それいがいにこんなにいぞんしませんよ」
Bさんのはつげんをうけて、天童ほすてすとしてはたらくDさんがきゅうに、だんせいさいどにはじしんをなくすようなことをつきつけました。

関連記事