テレクラ 踏み倒す テレクラ 働いている

こんかいは、ねっとじょうのこみゅにてぃをかつようしているじゅうだいからじゅうだいまでのじょせいにききとりをおこないました。
あつまってくれたのは、だんなさんがいるA踏み倒す、3にんのだんせいをきーぷしているぎゃるB、みずしょうばいをしているD、それと踏み倒す、くにたちだいがくにざいせきしているE。ぎんざのりふれくそろじーさろんでおうたいをしているC、
これはこぼればなしですが、じゅうだいじょせいにしぼってごにんへのいんたびゅーをよていしていたんですが、とうじつになってきゃんせるがはいってしまい、さっさとえきまえで「であいけいさいとにかんするいんたびゅーのために、しょうしょうじかんをとらせてほしい」とすうじゅうにんのじょせいにとらいして、ふしんなこえかけにもひるまずたいおうしてくれた、働いているじゅうだいのEさんをいれたごにんをあつめました。
さいしょに、ひっしゃがなにかいうまえにしゃべりだしたのは、テレクラ3にんのいせいとどうじにかんけいをもっているBさん。
B(じゅうだいのぎゃる)「であいけいさいとについては、「みんななにがきっかけであかとるんですか?わたしはおかねがりゆうでいまはみつまたしてます」
へらへらしておしゃべりがとまらないBさんに、テレクラほかの4にんもちゅうちょしつつじぶんのけいけんをあかしはじめました。
A(はいぐうしゃあり)「わたしのばあいは働いている、しんぷるにしゅじんだけだとさびしくてりようしはじめたんですよ。いっぱんてきにはテレクラ、はずかしいことってわかるけど働いている、であいけいでおとことあうのはとめられないです。」
B「ちょっとつかうだけでやみつきになりますね」
ひっしゃ「ATMさがしてであいけいをあさるじょせいはすくなくない?」
B「じゃなきゃつかいかたってあります?」
Bさんのからくちこめんとにはんのうしてテレクラ、きゃばじょうのDさんがわるぎもなく、だんせいさいどにはきょうがくのしんじつをうちあけました。

関連記事