テレフォンエッチ 下手 今も活発なテレクラ

さきごろのきじのなかにおいて、テレフォンエッチ「しるきっかけがであいけいさいとだったものの今も活発なテレクラ、いちおうあってみたらはんざいしゃだとわかった」となったじょせいについてわだいにしましたが、このじょせいがどんなこうどうをしたかというと、そのだんせいとのかんけいがしんてんしていくことになったのです。
じょせいのきもちは、「ふつうのだんせいとはちがって、ことわるとどうなるかわからずそのときはいっしょにいくしかなかった」とおもったそうですが、じつはほかにもりゆうがあったようで、こわいものみたさというぶぶんもあってことわらなかったところがあったのです。
かれのはんざいのないようというのも、はわたりもけっこうながいはものをつかってじぶんのおやをきずつけたというできごとだったそうで、きけんだとかんがえるのがとうぜんかもしれないとこころのなかではかんがえるばあいがあるでしょうが、おんこうにかんじるぶぶんもあり、ふだんはそれこそしんせつなぐらいでしたから、わるいことはもうしないだろうとおもって、下手おたがいにこいびととしておもうようになったのです。
そのだんせいとつきあいがつづいたかというと、ときおりそのあいてがあやしげなうごきをしていたので、きづかれないようにいえをでて、そのあいてとはえんをきったとはなしていました。
とくにいからせることがなくてもこわくなるようになって、下手いっしょにどうせいしていたいえから、はなしあいなどしないままいそいででてきたといっていましたがテレフォンエッチ、きょうふをかんじるようなふんいきがあっただけではすまなかったようで、今も活発なテレクラちょっとしたいいあいにでもなると、なんでもちからでのかいけつをかんがえてしまい、ひどいらんぼうもきにせずするようなきょどうをわざわざみせるから、ようきゅうされればおかねもだすようになり、たのまれたことはなにもことわれず今も活発なテレクラ、せいかつをするのがふつうになっていたのです。

関連記事