テレフォンセックスできる女の子の携帯番号 WEBテレエッチ

であいをもとめるねっとのばをつかっているひとたちにおはなしをうかがうと、だいたすうのひとはテレフォンセックスできる女の子の携帯番号、さびしいというだけで、ごくたんきかんのかんけいさえきずければそれでかまわないというかんがえかたでであいけいさいとにはまっていってます。
つまりは、きゃばくらにいくおかねをけちりたくて、ふうぞくにかけるりょうきんももったいないからテレフォンセックスできる女の子の携帯番号、おかねがかからないであいけいさいとで「げっとした」おんなのこであんかにまにあわせよう、ととらえるだんせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
そんなだんせいがいるいっぽう、「じょし」じんえいではまったくことなるすたんすをおしかくしています。
「あいてがとしうえすぎてもいいから、りょうりができておかねがあるひとをかれしにしたい。であいけいをやっているだんせいはだいたいがもてないようなひとだから、へいきんくらいのじょせいでもおもいどおりにこんとろーるできるようになるよね…おもいがけず、いけめんのひとにであえるかも、きもちわるいひとはむりだけど、テレフォンセックスできる女の子の携帯番号いけめんだったらでーとしたいな。だいたいのじょせいがこのようにかんがえています。
りかいしやすいいいかただと、じょせいはだんせいのがんめんへんさちかきんせんがたーげっとですしWEBテレエッチ、だんせいは「おかねがかからないじょせい」をひょうてきにであいけいさいとをてきようしているのです。
りょうほうとも、やすくおかいものがしたくてであいをほしがっているようなものです。
そしてついには、であいけいさいとをつかいまくるほどに、おとこはおんなを「しょうひん」としてとらえるようにになり、じょせいもじしんのことをWEBテレエッチ、「うりもの」としてみなしていくようになり、いびつなかんがえになっていくのです。
であいけいさいとのりようしゃのかんがえというのはWEBテレエッチ、かくじつにおんなをせいしんをもたない「もの」にしていくようなあぶのーまるな「かんがえかた」なのです。

関連記事