テレフォンセックス 前戯 名古屋テレH

あたらしいであいがてにはいるばをりようするひとびとにはなしをきいてみると、前戯ほぼぜんいんが、こどくでいるのがいやだから、つかのまのかんけいをもつことができればべつにかまわないというみかたでであいけいさいとをつかっています。
かんけつにいうと、きゃばくらにいくおかねをはらうのがいやで、ふうぞくにかけるおかねもけちりたいから、りょうきんのいらないであいけいさいとで、名古屋テレH「つかまえた」じょせいでてごろなかかくでまにあわせよう、とするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにはまっているのです。
そのいっぽうで、テレフォンセックスおんなのこじんえいはぜんぜんちがうすたんすをそなえています。
「あいてがじゅくねんでもいいから、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるおじさんはもてそうにないようなひとだから、名古屋テレHびじんじゃないじょせいでもおもいどおりにあつかえるようになるかのうせいはたかいよね!もしかしたらテレフォンセックス、かっこいいひとがいるかも、おっさんはむりだけど前戯、かおしだいではあってもいいかな。おおよそ、じょせいはこのようにかんがえています。
ひらたくいえば、じょせいはだんせいのみばえかきんせんがもくてきですし、だんせいは「やすあがりなじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをつかいまくっているのです。
おたがいに、名古屋テレHできるだけやすくおかいものがしたくてであいをおいかけているようなものです。
そのように前戯、であいけいさいとをてきようさせていくほどに、おじさんたちはおんなを「しょうひん」としてかちづけるようになり、おんなたちもじぶんじしんを「しなもの」としてみなしていくようにゆがんでいってしまいます。
であいけいさいとになじんだひとのしゅちょうというのは、じょせいをじわじわといしのない「もの」にしていくようなあぶない「かんがえかた」なのです。

関連記事