テレフォンセックス 本番 斎藤さん テレH

このときはテレフォンセックス、ねっとでであいをかつようしているごにんのじょせい(ひとりをのぞいてみんなじゅうだい)にしゅざいをおこないました。
かおぶれは、だんなさんがいるA、3にんとつきあっているぎゃるB、きゃばじょうとしてかせぐD、本番それと、げんえきじょしだいせいE。ぎんざにあるはんしゃりょうほうのさろんうけつけたんとうのC、
なぜ1にんだけじゅうだいかというと、じゅうだいじょせいにしぼってごにんむかえたかったもののちょくぜんになってきゃんせるをくらい、いそいでえきまえで「であいけいさいとにかんするいんたびゅーのために本番、しょうしょうじかんをとらせてほしい」となんじゅうにんかじょせいにこえかけをして、斎藤さんあやしげななんぱにもきちんとおうたいしてくれた、じゅうだいのEさんをいれたメンバーにくわえました。
かいこういちばん、ひっしゃをおさえてしゃべりだしたのは、テレフォンセックス3にんのだんせいをだましているBさん。
じゅうだいのぎゃるB「であいけいさいとなんですけど、本番「みなさんはどうしてあかうんとつくるんですか?わたしはぱぱがほしくていまみまたかけてます」
おもしろそうにとんでもないことをいうBさんに、ほかの4にんもふんぎりがつかないながらもじぶんのはなしをはじめました。
けっこんしているA「わたしについては斎藤さん、たんじゅんなはなしテレH、ふりんがしたくてはじまりです。せけんいっぱんではいけないことだってわかっているけど、テレHなんどもけいじばんでよびかけちゃうんです。」
B「いちどあくせすするととめられないですよね」
ひっしゃ「おかねめあてでであいけいさいとをはじめるじょせいばっかり?」
B「ほかにこんなにいぞんしませんよ」
BさんにつづいてテレH、ないとわーかーのDさんがなにげなくテレフォンセックス、だんせいめせんではけっこうひどいことをつきつけました。

関連記事