テレフォン センズリ 苫小牧テレクラはどうなの

であいをもとめるねっとのばをつかっているひとたちにといかけてみると、たいはんのひとは、ただひとこいしいというりゆうで、ごくたんきかんのかんけいをもつことができればべつにかまわないというかんがえかたでであいけいさいとをもちいています。
いってしまえば、テレフォンきゃばくらにいくおかねをつかうのがいやでテレフォン、ふうぞくにかけるおかねもはらいたくないから、おかねがかからないであいけいさいとで「つかまえた」じょせいでてごろなかかくでまにあわせよう、センズリととらえるだんせいがであいけいさいとのゆーざーになっているのです。
そのいっぽうで、おんなのこさいどはぜんぜんちがうかんがえかたをゆうしています。
「すごくとしうえのかれしでもいいから、りょうりができておかねがあるかれしがほしい。であいけいさいとにてをだしているおじさんはだいたいがもてないようなひとだから、苫小牧テレクラはどうなのびじんとはいえないじぶんでもおもうがままにあやつれるようになるかもしれない!ひょっとしたら、いけめんのひとがいるかも、苫小牧テレクラはどうなのちゅうねんおやじはむりだけど、苫小牧テレクラはどうなのかおしだいではあってもいいかな。じょせいの100%ちかくはこのようにかんがえています。
ひとことでいうと、じょせいはだんせいのようしのうつくしさかおかねがめあてですし、だんせいは「おかねがかからないじょせい」をかちとるためにであいけいさいとをうんようしているのです。
おたがいに、できるだけやすくおかいものがしたくてであいをのぞんでいるようなものです。
けっかとして、であいけいさいとをてきようさせていくほどに、おじさんたちはじょせいを「もの」としてかちづけるようになりセンズリ、おんなたちもじぶんじしんを「しなもの」としてとりあつかうようにてんじていってしまうのです。
であいけいさいとをかつようするひとのけんかいというのは、すこしずつおんなをひとではなく「もの」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事