テレホンセックスの男性相手を探してます テレフォンセックスの相手をさがす

であえるさいとをりようするひとびとにはなしをきいてみると、おおかたぜんいんが、ひとはだこいしくて、みじかいあいだでもかんけいをもつことができればそれでいいというとらえかたでであいけいさいとにはまっていってます。
ようするにテレホンセックスの男性相手を探してます、きゃばくらにいくりょうきんをかけたくなくて、ふうぞくにかけるりょうきんもかけたくないから、ただのであいけいさいとで、テレホンセックスの男性相手を探してます「ひっかかった」おんなのこでおとくにまにあわせよう、とかんがえつくちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををちょいすしているのです。
かたやテレホンセックスの男性相手を探してます、おんなたちはそういなかんがえかたをいだいています。
「あいてがじゅくねんでもいいから、なんでもしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとをやっているおじさんはもてないひとばかりだから、びじんじゃないじょせいでもおもうがままにあやつれるようになるんじゃ…!かのうせいはひくいけど、いけめんのひとがいるかもテレフォンセックスの相手をさがす、ばーこーどあたまとかはむりだけど、かおしだいではでーとしたいな。じょせいの8わりいじょうはこのようにかんがえています。
たんじゅんめいかいにいうと、テレフォンセックスの相手をさがすじょせいはだんせいのみてくれかきんせんがもくてきですし、だんせいは「ていこすとなじょせい」をひょうてきにであいけいさいとをもちいているのです。
おたがいに、なるべくおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをさがしているようなものです。
そんなふうに、であいけいさいとをもちいていくほどに、おとこどもはおんなを「しなもの」としてみるようになり、おんなもみずからを「しょうひん」としてあつかうようにかんがえかたがへんかしてしまいます。
であいけいさいとにはまったひとのかちかんというものは、すこしずつおんなをいしのない「ぶっしつ」にしていくようないじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事