即出会い テレクラ テレフォンセックス

であいけいのwebさいとをつかっているひとたちにおはなしをうかがうと、おおむねのひとは即出会い、うらさびしいというりゆうで、つかのまのかんけいがきずければべつにかまわないというとらえかたでであいけいさいとをかつようしています。
つまるところ、きゃばくらにいくおかねをつかうのがいやで、ふうぞくにかけるおかねもだしたくないからテレクラ、りょうきんがはっせいしないであいけいさいとで、「てにいれた」じょせいでりーずなぶるにすませよう、とするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにとうろくしているのです。
そのいっぽうで、「じょし」さいどはすこしべつのかんがえかたをひめています。
「あいてがとしうえすぎてもいいから、テレフォンセックスりょうりができておかねがあるかれしがほしい。であいけいさいとのほとんどのおじさんはだいたいがもてないようなひとだから、じょしちからぶそくのじぶんでもあやつることができるようになるかも!ひょっとしたらテレフォンセックス、いけめんのひとがいるかも、きもいひとはむりだけど、いけめんだったらあいたいな。じょせいはみんな、このようにかんがえています。
つまり、テレクラじょせいはだんせいのかおだちのよさかきんせんがたーげっとですし、だんせいは「あんかなじょせい」をもくてきとしてであいけいさいとをつかいまくっているのです。
にしゃとも、なるべくあんかにおかいものがしたくてであいをほしがっているようなものです。
そうやって即出会い、であいけいさいとにはまっていくほどに、おとこたちはじょせいを「しなもの」としてとらえるようになり、じょせいもじぶんじしんを「しょうひん」としてみなしていくようにへんようしてしまうのです。
であいけいさいとをりようするひとのけんかいというのは、じょせいをすこしずつせいしんをもたない「ぶっしつ」にしていくるいのあぶのーまるな「かんがえかた」なのです。

関連記事