名古屋 外人 テレセ 最近の所沢テレクラ

E「もうねテレセ、みためのとおりげいだからであいはあんまりないの。はんでがあるからね、であいけいさいととかあさってみないことにはね」
B(せどりでもうけようとやしんをもやす)「Eさんとかんれんしておもいかえしてみたら」
ひっしゃ「ああ、どんなないようですか?」
「ぼくのはなしをしますと、外人かなりれあけーすでしたけど、おんなのひととおもったらかつらつけたおかまだったけいけんありましたね」
さわぐごにん。
A「おれもおぼえある」
B「あいましたか~!ぼくだけのけいけんだとおもってました。うそつくのかんたんなんで、たしかに名古屋、じょせいとのであいをきたいしてあかとったんですけど、ようじをおわらせてこうえんでまちあわせしたのに、すごいこうしんちょうでがっちりしたのがまっててちょっとのみこめなくてはんわらいでいたら最近の所沢テレクラ、むこうのほうから○○さんですよね?ゆみですってこえかけられて」
ひっしゃ「おとこだった…なんていいかたはひどいかんじがしますが、おんなのひとじゃなかったとか最近の所沢テレクラ、あってみたらよそうをおおきくこえていたほうは、外人ここではなんにんくらいいますか?」
きょしゅしてもらうと、なんとよにんちゅうさんにんテレセ、けいけんすみだとはっきりしました。
ひっしゃ「であいけいさいとじょうには、じょせいのようにふるまうげいやにゅーはーふのほうもけっこういるもんなんですね」
E「そりゃいっぱいつかってるわよ。でないとであいなんてみつかりっこないから、せいべつをいつわっても、最近の所沢テレクラいいひとをもとめる。わたしもであいはほしいからね」
かなりどくそうてきなごにんがきょうりょくしてくれ、おわることなくテレセ、あついぎろんがつづきました。
であいけいさいとによっては名古屋、せいべつをとわずであいがもとめているひとがさっこんのふうちょうとしてどんどんいきおいをましています。

関連記事