庄原 テレクラ 沖縄 テレクラ 体験談

であいおうえんさいとをつかっているひとたちにといかけてみると、テレクラほとんどのひとは、うらさびしいというりゆうで、テレクラわずかのあいだかんけいをもつことができればかまわないというとらえかたでであいけいさいとのゆーざーになっています。
かなめは、沖縄きゃばくらにいくおかねをかけたくなくて体験談、ふうぞくにかけるりょうきんもけちりたいから、沖縄りょうきんがかからないであいけいさいとで、「のってきた」おんなのこでりーずなぶるにすませよう、とおもいついただんせいがであいけいさいとのゆーざーになっているのです。
そのかたわら、庄原じょせいさいどはまったくことなるかんがえかたをひめています。
「すごくとしうえでもいいから、なんでもしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるだんせいは9わりがたもてないひとだから、じょしちからぶそくのじぶんでもあやつることができるようになるにきまってる!ひょっとしたら、かっこいいひとがいるかも、おじさんはむりだけど庄原、たいぷだったらでーとしたいな。じょせいはみんな、このようにかんがえています。
ひとことでいうと、じょせいはだんせいがみりょくてきであること、またはけいざいりょくがもくてきですし、テレクラだんせいは「りーずなぶるなじょせい」をてにいれるためにであいけいさいとをうんようしているのです。
だんじょとも、ただあんかにおかいものがしたくてであおうとしているようなものです。
そんなかんじで、テレクラであいけいさいとをもちいていくほどに庄原、おとこどもはじょせいを「うりもの」としてかちづけるようになり、体験談おんなもみずからを「しょうひん」としてとりあつかうようにかわっていってしまいます。
であいけいさいとをもちいるひとのすたんすというのは、じんわりとおんなをひとではなく「ぶっしつ」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事