日暮里 テレクラ モモコカンパニーテレクラ

であいけいさいとをはじめとするであいのためのこんてんつをりようするひとにといかけてみるとテレクラ、だいたすうのひとは、こどくになりたくないから、みじかいあいだでもかんけいがきずければ、それでいいというみかたでであいけいさいとをしようしています。
ひらたくいうと、きゃばくらにいくおかねをかけたくなくて、ふうぞくにかけるおかねもけちりたいから、おかねがかからないであいけいさいとで「げっとした」おんなのこであんかにまにあわせよう日暮里、とかんがえつくだんせいがであいけいさいとをしようしているのです。
そのかたわら日暮里、「じょし」がわではことなったかんがえかたをそなえています。
「すごくとしうえのかれしでもいいから、りょうりができておかねがあるひとをかれしにしたい。であいけいさいとにてをだしているおじさんは9わりがたもてないひとだから、ちょっとぶさいくなじょせいでもおもちゃにできるようになるにきまってる!おもいがけず、たいぷのひとにであえるかも、きもちわるいひとはむりだけど、たいぷなひとならあってもいいかな。じょせいのはんすういじょうがこのようにかんがえています。
りかいしやすいいいかただとモモコカンパニーテレクラ、じょせいはだんせいのみばえかきんせんがめあてですしモモコカンパニーテレクラ、だんせいは「おとくなじょせい」をもとめてであいけいさいとをうんようしているのです。
りょうじんえいとも日暮里、あまりおかねがかからないおかいものがしたくてであいをのぞんでいるようなものです。
そのようにテレクラ、であいけいさいとをしようしていくほどに、おとこはおんなを「うりもの」としてとらえるようになり、おんなたちもみずからを「うりもの」としてみなすようにかわっていってしまいます。
であいけいさいとをかつようするひとのあたまのなかというのはモモコカンパニーテレクラ、かくじつにおんなをひとではなく「ぶっしつ」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事