松山 テレホンクラブ 人妻テレクラ 郡山

E「なんていうか、郡山みてごらんのようにおかまだから、であいについてはほとんどみつからないの。しょうすうはなんで、松山であいけいさいとなんてやりこまないと」
B(せどりのしゅぎょうちゅう)「Eさんのいまのきいてじぶんのたいけんですけど」
ひっしゃ「つまり、なにかおもいだしましたか?」
「ぼくのはなしをしますと、いちどだけでしたが人妻テレクラ、まちあわせばしょでおかまがまっていたぱたーんしたんですよ」
おもしろがるごにん。
A「おれもあったよ」
B「ほんとうなんですか?ぼくだけとおもってました。さいとのせいしつじょう、いうまでもなく、じょせいとであえないかとはじめたんですけど、2にんでつごうをあわせて、いざいってみたら、すごくおおきくてまっちょしかいなくてちょっとじたいがのみこめなくてはんわらいでいたら、テレホンクラブそのひとがさいとであった○○さんですか?ゆみですってよびとめられてね」
ひっしゃ「じょせいだとおもったらおかまだった…というものいいはこくなきもしますが、松山げいをみかけたとかテレホンクラブ、あってみたらよそうをおおきくこえていたほうは、このめんばーではなんにんくらいですか?」
てをあげてみてもらうと人妻テレクラ、おどろいたことによにんななかでさんにんもどうようのしっぱいをしたとじはくしてくれました。
ひっしゃ「であいけいさいとのつかいかたには、郡山じょせいのふりをしてげいやとらんすじぇんだーがそんなにいるんですか?
E「たくさんのひとがいるんだから。じぶんからこうどうしないとだんせいとはであえないからだましてでもいいひとはのがさない。わたしもれんあいはしたいし」
かなりきわもののごにんがつどいテレホンクラブ、Eさんのあとも、人妻テレクラあついとうろんがこうちょうになりました。
であいけいさいとをりようして、せいべつをとわずであいがもとめるうごきがせいのたようせいをもとめるうごきのなかでぞうかしているみたいです。

関連記事