福岡 テレクラ みさき テレセ誘い文句

このたびは、ねっとじょうのこみゅにてぃをおとこをあさるごにんのじょせい(ひとりをのぞいてみんなじゅうだい)にしゅざいをおこないました。
きょうたいけんをあかしてくれるのは福岡、けっこんゆびわがひかるAみさき、3にんとへいこうしてつきあっているぎゃるふうのB福岡、よるのおしごとをしているD,そのつぎにテレセ誘い文句、げんえきじょしだいせいE。ぎんざにあるはんしゃりょうほうのさろんでうけつけたんとうをしているC福岡、
これはこぼればなしですが、じゅうだいじょせいをごにんをしゅうごうさせたかったんですがとうじつになってことわられたため、そうそうとえきまえで「であいけいさいとについてのしゅざいをうけてほしい」とすうじゅうにんのじょせいにとらいして、テレクラなんぱまがいのよびこみにもいやなかおをせずにいたじゅうだいのEさんもごにんをむかえました。
いちばんのりでひっしゃをさえぎってかたってくれたのはテレクラ、3にんのだんせいをきーぷしているBさん。
じゅうだいのぎゃるB「であいけいさいとのことですが、みさき「みなさんはなにがあってつかうんですか?わたしはぱぱがほしくていまはさんにんからえんじょしてもらってます」
たのしそうにばくろするBさんにあとの4にんもこんわくしながらじぶんのはなしをはじめました。
A(だんなあり)「わたしのばあいは、テレセ誘い文句しんぷるにだんないがいのひとにいだかれたいとおもったのがほったんです。りんりてきにはずかしいことってわかるけどみさき、なんどもけいじばんでよびかけちゃうんです。」
B「いったんあじをしめるとしゅうかんかしちゃいますよね」
ひっしゃ「ぱぱになってくれるひとをもとめてであいけいさいとにろぐいんするじょせいがそんなにいるんですか?」
B「じゃなきゃこんなにつかわないですよ」
Bさんのあとにテレセ誘い文句、きゃばじょうのDさんがさりげなく、テレクラおとこにとってじしんをなくすようなことをはなしてくれました。

関連記事