竹ノ塚のテレクラ 豊橋市テレクラ店

ひっしゃ「まずは、ぜんいんがであいけいさいとにいせいとこうりゅうするようになったのはなぜか、じゅんばんにいってください」
しょうたいしたのは、こうこうをとちゅうでやめてから、ごねんまびきこもりせいかつをしているA、「せどり」でくらそうとくろうしているB竹ノ塚のテレクラ、ちいさなぷろだくしょんでれっすんをじゅこうして、竹ノ塚のテレクラあくしょんはいゆうをしぼうしているC豊橋市テレクラ店、であいけいさいとをやりつくしたとじしんたっぷりの、ふりーたーのD、くわえて、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
どのさんかしゃもはたちいじょうにさいいかのめんばーをあつめました。
A(じたくぱとろーるちゅう)「おれはずっとぱそこんばっかりしてて、ねっとをはいかいしていたらすごいきれいなこがいて、むこうからこんたくとがきて、しばらくしてこのさいとのあかうんととったら、ぽいんとしょうひしなくてもれんらくできるっていわれたんで、かいいんとうろくしたんです。そのことはれんらくがこなくなったんですよ。それでも、ほかのじょせいとはなんにんかほかにもいたので」
B(ないしょくちゅう)「とうろくしてすぐはやっぱり、じぶんもめーるあどれすがほしくて。もでるかとおもうくらいきれいで豊橋市テレクラ店、すきでしたね。ちょくではなしたいからさいとにとうろくして。そのさいとにかんしては、さくらのおおさでゆうめいだったんだけど、あえるひともいたので、とくにたいかいしたりとかもなくつかいつづけています。
C(はいゆうになるくんれんちゅう)「わたしはというと、えんぎのはばをひろげたくてはじめましたね。であいけいさいとをりようするうちにさまざまなじょせいにあうやくになっていらいつかうようになりました」
D(てぃっしゅくばりのばいと)「ぼくのたいけんですが、ゆうじんではやくからつかっていたひとがいて、かんかされてじぶんもやってみたってところです」
くわえて、竹ノ塚のテレクラさいごとなるEさん。
このひとについてですが豊橋市テレクラ店、ほかのかたとだいぶちがっているので、そっちょくなところぜんぜんちがうんですよね。

関連記事