青森県 テレクラ アラハ 栃木女性専用TELテレクラ

であいけいさいとにとうろくするひとのあたまのなかはどのようにそんなにたのしいのでしょうか?
そんなぎもんをこたえをみつけようと、ここでは、栃木女性専用TELテレクラねっとをかつようしてしつもんしゃをあつめて、とないにあるきっさてんでしゅざいをかんこうしました。
ぴっくあっぷしたのは、ひんぱんにであいけいさいとでしりあいとからんでいるだんじょごにん。
だんせいじんからじゅんに、かいしゃづとめをしているA、こもち・ばついちのB、ほすととしてはたらきはじめたばかりのC、じょせいめんばーをみていくと、テレクラけいびいんとしてぎょうむをこなすD、青森県しんまいぐらどるのEもくわえて2にんです。
じぜんに、ひっしゃはめんばーに、かんたんにあんけーとをとって、青森県そのこたえについて、てーまにとりあげてしゅざいをおこないました。
ひっしゃ「まずはですね、しつもんのかみに青森県、これまでりようしてきたであいけいさいとで、アラハかかわっただんせいが、かなりのかずになるEさんにいんたびゅーしたいんですが、栃木女性専用TELテレクラどんなかていをへておおぜいのだんせいと?がりをもったんですか?
E(かけだしぐらどる)「わたしがとっているやりかたで、アラハまいにちあいてをかえるんです」
ひっしゃ「まいにちちがうってことは、テレクラいっかいあったいせいとはあうっていみでしょうか?」
E「いっかいでじゅうぶんっていうか。あとはですね、ほかでもいいひといるはずっておもったら、あどれすももういらない。めっせきても、であいけいさいとには1にんにしぼるひつようないっておもったら2かいめはいいかなって」
じゆうにふるまうEさんのことばをうけて、「すとーかーにあったりしないのか」とざわつくCさん、栃木女性専用TELテレクラDさん。
すると、Aさんがおどろくべきけいけんをひっしゃにばくろしてくれました。

関連記事